« 京の巻133・決して間違えないように! | トップページ | 京の巻135・三年寝太郎してました?!(また祇園祭りから) »

京の巻134・まだ済んでませんよ~

P1060570

  こんこん♪ちきちん♪こんちきちん♪♪京都の暑い夏をいっそうホットにする祇園祭の山鉾巡行が17日に行われましたが、祇園祭がすんだわけではありません。今年から復活した後祭(あとまつり:昨年までは「花傘巡行」)や「還幸祭」、「神輿洗」「神事済奉告祭」最終日の31日には「疫神社夏越祭」が行われ、一か月にわたる祇園祭りが済みます。

 ながい期間の間には一般の方でも見られる様々な祭りの姿があります。そのうちの一つに、「鉾建て」という鉾を組み上げる作事(作業)があり、10トン~12トンもある鉾をしっかりとしかし柔軟に骨組みを組み上げる「縄がらみ」があり、各鉾町で見ることができます。

P1060584

いかがですか?蝶のような形も見られますし、全体にきれいな形をしていますね。この鉾建て作業中の鉾は「放下鉾(ほうかぼこ)」です。

P1060577
  この仕上がった鉾は「長刀鉾」で、綺麗に縄が巻かれているのは、車輪を取り付ける「石持」という大きくて重い角材です。長刀鉾のものは桜材だそうですが、この編み上げられた縄も見事としか言いようがありませんね!

 一つの鉾に使う縄の長さはおよそ5キロメートルにもなるといいます。これも驚きです。

こういったところに興味を持つのも、祇園祭の楽しみの一つでしょう。

 

 

|

« 京の巻133・決して間違えないように! | トップページ | 京の巻135・三年寝太郎してました?!(また祇園祭りから) »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻133・決して間違えないように! | トップページ | 京の巻135・三年寝太郎してました?!(また祇園祭りから) »