« 森の巻135・図らずも~ | トップページ | 京の巻132・見事によみがえりました! »

風の巻126・一枚の風景画?

  風薫る海辺にたたずむ洋館がなにか絵になりそうな雰囲気を漂わせています。

Dscf6142

 後ろには島影が見え・・・どこかヨーロッパの海辺の街かと思えそうですね。

  実は、この洋館は神戸の垂水区にある「移情閣」とよばれる建物です。中国人実業家呉錦堂の別荘に大正4年(1915)建てられたもので、地元では「六角堂」と呼ばれるものです。

 中国の革命家孫文ともゆかりのある建物ですが、そのような歴史を持っているうえにロケーションがまたいいですね。

  ところで、この風景を一枚の絵とすると額縁にあたる周りの枠は何だと思いますか?

・・・  明石海峡大橋の橋台なんです!   ・・・

 後ろの海は瀬戸内海で島影は淡路島です。高速バス乗り場に上がる途中のエレベーター乗り場のフロアーの窓から見た眺めです。

|

« 森の巻135・図らずも~ | トップページ | 京の巻132・見事によみがえりました! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりどす。
来月6月中旬に京都へ行きたいと思いますが、どうでしょう・・・

投稿: キタゴン | 2014年5月 3日 (土) 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻135・図らずも~ | トップページ | 京の巻132・見事によみがえりました! »