« 森の巻132・秋の大台ケ原へ | トップページ | 風の巻122・さまざまな見方がありますね! »

京の巻130・ここからも絶景かな!

  今年もあとわずか。忙しく一年が過ぎようとしていますが、結構充実した一年でもありました。京都に住まいあちらこちらにも出かけますが、地元京都にももちろん良いところがあります。地元ゆえに気楽に出かけられるのが何よりです。

 

P1040448

 大きな屋根越しに京都タワーが望めます。後ろの山は愛宕山で、市内から望める山で一番高い山でもあります。標高は924メートル。

P1040454

廊下のような板張りの通路は、三門の上にある回廊です。

ここは、東福寺の三門で、「三解脱門」のこと。涅槃の域に到達するために通る「空門(くうもん)」「無相門(むそうもん)」「無作門(むさもん)」の三つの門のことをさすそうです。

 この門が国宝に指定されたのは明治30年(1897)12月28日ですから、もう116年も経ちます。ただし、現在「国宝」とされているのは文化財保護法によるもので、明治30年の指定時は古社寺保存法という法により指定されたものだそうです。(現在の国宝と重要文化財に相当する両方のものが指定されていたようです。これらを旧国宝とも呼び、1951年(昭和26年)6月9日に文化財保護法により指定されたものは「新国宝」と呼びます。)

 ちょっとややこしい話ですが、明治以来重要な文化財として大切にされてきたことには間違いありません。国宝にたがわずまことに立派な建造物で、その国宝の三門にあがることができました。(特別拝観の時期にあがれます。)

 

 南禅寺三門の上から「絶景かな、絶景かな!」と言った人物がいますが、この東福寺三門からも現在の京都の街の絶景が眺められます。本当に「絶景」でした。

P1040462

今年はこれにて(ちょん、ちょん、ちょん)。 来年もよろしくお願いします。

 

|

« 森の巻132・秋の大台ケ原へ | トップページ | 風の巻122・さまざまな見方がありますね! »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻132・秋の大台ケ原へ | トップページ | 風の巻122・さまざまな見方がありますね! »