« 【お知らせ】しばらくお休みします | トップページ | 森の巻128・夏の想い出(2) »

森の巻127・(やっと再開します)夏の想い出(1)

  パソコンの故障や夏の暑さにやられたり、いろいろと行事がいそがしく、長らく休んでいましたが、どうにか再開いたします。

 

 その間、旅行にも行きましたので、夏の想い出としてなんやかやをご紹介いたします。

 信州の栂池、八方方面に行き久しぶりに山岳登山気分を味わいました。40数年前の学生時代を思い出しながら、天気にも恵まれ快適な山歩きをしました。 

P1030409
  雪渓の上を再開の第一歩です!

 

 さて高山ともなれば、山々の景色がまず気になるところですが、多少雲がかかっていたこともありなかなか”ばっちり”のものを撮れません。

 そこで高山植物からいきましょう。おなじみの「ニッコウキズゲ」です。

P1030455
八方では、登山道沿いではあまり大きな群落は見られませんでしたが、それでも結構咲いていました。この黄色の花は目を引きます。昔から「ニッコウキスゲ」としてなじんできましたが、あらためて図鑑をひいてみると「ゼンテイカ」の別名とあります。ちょっと「え!」という感じで、「ゼンテイカ」という名前をすっかり忘れていました。

 たぶん誰も「ゼンテイカ」とは呼ばないように思うのですが・・・。漢字で「禅庭花」をあてるそうですが、名前の由来は不明とか。また、北海道のものを「エゾゼンテイカ」、本州のものを「ニッコウキスゲ」と区分していたそうでうすが、多くの野生種を調べると、はっきりとは分けられないようです。

  それはそうとして、この花は今年の夏の想い出でもあり、学生時時代の夏の想い出でもあるのです。(♪夏が来れば思い出す・・・♪)

|

« 【お知らせ】しばらくお休みします | トップページ | 森の巻128・夏の想い出(2) »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【お知らせ】しばらくお休みします | トップページ | 森の巻128・夏の想い出(2) »