« 森の巻124・本当はここではありませんが・・・ | トップページ | 風の巻115・南へ北へ »

森の巻125・いつの間にか・・・

 先日、大和葛城山に行って来ました。この季節ツツジが見事で、大勢の人が訪れます。前回いったときは歩いて登り下りしたのですが、今回はロープウエイで往復です。山頂駅から少し歩いていくと、売店やら山荘やらがあり、そこを過ぎると向こうの斜面に、みごとなツツジの群落が見えます。

P1020943_2

 

 

  ちょうど昼時でしたので、見事な景色をおかずにお弁当をおいしく食べました。

そのあと花の中を歩いていると、上空に取材ヘリが飛んできて、何度も旋回していました。思わず上を見て手を振ってしまいましたが・・・。

  土日は混雑すると思い、金曜日に行ったのですが、ロープウエイは1時間半待ちでした。隣で待っていた方は結局2時間以上待っていたようです。

  ここのツツジはほとんどがヤマツツジですが、以前は笹が生えていたようです。1970年頃に一斉に笹が枯れ、その後にツツジが生えてきたようで、地元の方の手入れでいつの間にか一大群落となり、綺麗な景色が人気を呼びました。

  今では、“超”人気ぶりで新聞やTVの定番記事になっています。

P1020939_2

  最後の写真の右後ろに写っているのは金剛山です。こちらも一度登ってみたい山です。

 

 

|

« 森の巻124・本当はここではありませんが・・・ | トップページ | 風の巻115・南へ北へ »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻124・本当はここではありませんが・・・ | トップページ | 風の巻115・南へ北へ »