« 京の巻124・間近に・・・身近に・・・(1) | トップページ | 京の巻126・間近に・・・身近に・・・(3) »

京の巻125・間近に・・・身近に・・・(2)

さて、無鄰菴の庭園には、琵琶湖疏水の水が引かれています。この東山山麓にある別荘などの邸宅の庭にはほかにも琵琶湖疏水の水を引き入れているところがたくさんあるようです。

 銀閣寺近くの疏水縁にある哲学の道は有名ですが、あの疏水は蹴上で水流を分けられた疏水の支線なのです。この水をうまく利用し、東山の借景とともにこの界隈の庭園美をうまく引き出しているようです。

P1010874

 ここ無鄰菴の庭園の奥には三段組みの滝をしつらえてあり、池の方へと幅広の水の流れでひいてきています。疏水の水ですから水量はたっぷり。

 紅葉と水は庭園にとってなくてはならない感じです。そこへ一羽の白鷺が水面に舞い降りました。静かに佇みながら、餌の魚を狙っていました。まさに絵になるような組み合わせです。

P1010880_6

P1010880_4

|

« 京の巻124・間近に・・・身近に・・・(1) | トップページ | 京の巻126・間近に・・・身近に・・・(3) »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻124・間近に・・・身近に・・・(1) | トップページ | 京の巻126・間近に・・・身近に・・・(3) »