« 京の巻126・間近に・・・身近に・・・(3) | トップページ | 京の巻127・これは知りませんでした・・・ »

風の巻108・懐かしいような・・・珍しいような

  日本の懐かしい風景の一つに古民家の姿があります。萱葺屋根の民家はその象徴のような風景です。今回はちょっと珍しい姿の古民家を訪ねました。

 百聞は一見にしかずで・・・

P1010947

大きな屋根の破風のところが、魚が口をあけたように見えました。これが南側と西側の二つの面にあります。煙の出ているところが正面(南面)側で、奥は寄棟で作られています。

P1010967
この古民家は、江戸時代初期に建てられたとされるものですが、この家は渋川家という家が代々守ってきたものです。もともと渋川家はあの源頼政の後裔となる家系で、ここ福井県坂井市丸岡町の地にはおよそ700年ほど昔に住みついたそうです。

 もと武士ということもあり、格式の高い家として集落を束ねてきました。近年では村長の家として、集落の会合や祭り、行事の数々がここで行われていて、普段は寺子屋代わりの子供たちの学び舎でもあったそうです。この家の渋川家の人はこの古民家の周辺に居を構えて暮らしていたそうです。今も・・・。

 昭和41年に国の重要文化財に指定されましたが、この家を代々守るということは大変なことのようです。煙が出ているのは秋冬だけでなく、屋根の萱(今では葦も使用)に虫が出ないよう絶えず煙でいぶしておく必要があるのです。ですから一年中囲炉裏には火が絶えません。

P1010971

  最後にこの大きな萱ぶきの屋根を支える柱を紹介します。栗の木の股柱が三本使われています。股柱というのは柱の頂部が二股に分かれているもので、一方は側方桁をささえ、もう一方は上屋桁を支えている柱のことです。全国的にも珍しいもので、ぜひお見せしたいのですが・・・写真撮影はできないので、一度でかけられることをおすすめします。

|

« 京の巻126・間近に・・・身近に・・・(3) | トップページ | 京の巻127・これは知りませんでした・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻126・間近に・・・身近に・・・(3) | トップページ | 京の巻127・これは知りませんでした・・・ »