« 森の巻117・こんな風にも使えます | トップページ | 京の巻117・ここからも始まりです! »

京の巻116・それはここから始まった!

  この夏”お化け屋敷”が流行っているとか、いないとか?節電の夏を涼しく(寒く)過ごそうというらしいですが・・・。おばけとは違いますが、無念の想いをもったままこの世をさった人は怨霊としてこの世に現れ、様々な禍をもたらすと固く信じられていたのは昔の話です。怨霊にであったり感じたりすれば、ちょっと怖くて身震いするかもしれません。

 平安の京の都でも、様々な怨霊が信じられていました。その最たるものは”早良親王の怨霊”でしょう。平安遷都をなしとげた桓武天皇の弟で、長岡京に都があった時、桓武天皇の腹心の部下藤原種継が暗殺されましたが、その事件にかかわったとして淡路島に配流されることになりました。無実を訴える親王は幽閉先の乙訓寺で飲食を一切絶って、死去したといわれます。そのまま淡路島に流され、その後天皇の近親者に不幸が続いたことから”早良親王の怨霊”信仰をうみだしました。

 その怨霊の魂を鎮めるために神社に祭られるようになります。いくつかありますが、その名も「御霊神社」という神社が上京区にあります。

Img_4089_2

Img_4092
  この神社には早良親王をはじめ井上内親王、橘逸勢、吉備真備など十三柱の祭神が祀られています。皆それぞれに”怨念”をもった人物だったのでしょうか?

 この神社に関してもう一つ歴史的な出来事があります。室町時代の京都での大きな戦いといえば「応仁の乱」なのですが、1467年1月から1477年11月まで十年余りも続いた戦の始まりが、ここ”御霊の杜”だったのです。

Img_4095

いまは静かな神社の境内の森といった様子ですが、歴史の影がここにも潜んでいます。

 

|

« 森の巻117・こんな風にも使えます | トップページ | 京の巻117・ここからも始まりです! »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻117・こんな風にも使えます | トップページ | 京の巻117・ここからも始まりです! »