« 森の巻109・こちらはなつかしい味ですが・・・ | トップページ | 森の巻110・ちょっとお借りします »

京の巻113・少々古いんですが・・・これぞ”祭”の一つ

  春うららの陽気にさそわれて、京都の町へ出てみました。五月五日は祝日なんですが、祝日というより”祭”なんです。何の祭り?と思われる方もあるでしょうが・・・葵祭です。「え!確か五月十五日だったよな~?」それも正解です。

 京都の三大祭の一つともいわれる葵祭はいわゆる牛車や斎王代の輿など平安装束に身をかためた大勢の行列が都大路を御所から賀茂社に参列して行くものが、葵祭のハイライトになります。これが五月十五日に行われる「路頭の儀」です。その前段にいくつかの神事があり、その一つが下鴨神社で執り行われる「歩射神事」です。

 今回はこの神事を見せていただきました。

P1000041

P1000044

P1000051

P1000055
 

  天皇の使いである勅使が参拝する路頭の儀の前に神事の一つとして、弓矢で穢を祓うものです。ここには写っていませんが、最初に鏑矢が”ヒョウーーッ”と音を立てて飛び去ったのです。初めて鏑矢が鳴るのを聞き、ちょっと感激しました。

 

 加茂社のもう一方の上賀茂神社では、この日は「競馬会神事」が行われていて、もっぱらそちらが人気なのは言うまでもありません。新聞、テレビニュースの絵になりますからね・・・。でも、こんな厳かな神事も葵祭の一つです。

|

« 森の巻109・こちらはなつかしい味ですが・・・ | トップページ | 森の巻110・ちょっとお借りします »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻109・こちらはなつかしい味ですが・・・ | トップページ | 森の巻110・ちょっとお借りします »