« 森の巻103・冬でも紅葉? | トップページ | 森の巻105・こちらも春の訪れです »

森の巻104・スギの紅葉(続き)

  もっと近くの道路端にもありました。皆さんもこんな感じのスギを見かけたことがあると思いますが、いかがでしょう。

Dscf3581

 こうやって見てみると結構あちこちにスギの紅葉が見られるので、特異な現象という訳でもないようです。しかしながら、この時期のスギ全般に現れる紅葉という訳でもなく、緑のままの葉をつけたスギも多くみられます。 

 普通秋の紅葉は「アントシアニン」という赤色色素によります。スギの紅葉もアントシアニンだと説明されていたこともあるのですが、今では「ロドキサンチン(カロチノイドの一種)」の新たな合成によるものとされています。

 赤い色(茶色といってもいいのですが・・・)の原因はわかるのですが、なぜ赤くなるのかは実はよくわからないようです。紅葉することで生理的な優位性のようなものがあるのかどうか科学的に確認されていないようです。ただ、「ロドキサンチン」は光阻害の進行を防止する働きがあります。では、紅葉しない(常)緑のスギの葉は光阻害を多く受けていることになるにもかかわらず、そのために成長が阻害されているとまでは確認されていません。

 

 いままで何となく見ていた寒い時期の赤いスギの葉にはこんな話があったのですね。いずれ詳しく解明されることがあると思いますが、少し不思議だなという感じでこれからも見ていきたいと思います。

|

« 森の巻103・冬でも紅葉? | トップページ | 森の巻105・こちらも春の訪れです »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻103・冬でも紅葉? | トップページ | 森の巻105・こちらも春の訪れです »