« 風の巻103・見どころたくさん!「山の辺の道」 | トップページ | 京の巻109・みごとな親子です! »

京の巻108・師走は来年に向かって

 師走の京といえば、四条南座の吉例顔見世興行も風物詩の一つとして挙げてよいでしょう。恒例の出演歌舞伎役者の名を挙げた「まねき」はつとに有名です。

Img_4961

 坂田藤十郎、片岡仁左衛門など歌舞伎を知らない私でも知っている役者の名前があがっています。勘亭流という独特の字体が人々の目を引き付けますし、舞妓さんの簪(かんざし)は師走は「まねき」をつけるそうです。京の人々にとっては師走になくてなならないようなものです。

 この「まねき」は縦180センチ、幅30センチのヒノキ板に書かれます。それを約60枚書いて11月25日、四条南座の正面に掲げます。

Img_4958

 ところで、南座の正面の屋根の上の高いところにも一枚あがっています。アップで見てみると・・・

Img_4962_3
 

 「吉例顔見世興行」と書かれていますが、その上に少し小さく四文字書かれているのがわかるでしょうか。右側が「當る」左は「辰歳」です。すなわちこの看板は「當る辰歳 吉例顔見世興行」と書いてあります。今年は卯歳で辰歳は来年(平成二十四年)になるのに、なぜ「辰歳」と書いてあるのでしょう。

 歌舞伎の顔見世興行は、座元(南座)と役者の来年に向けた出演契約が決まったことをお客さんに知らせるための顔見世なのです。「来年はこのような顔ぶれの役者で演じますので、よろしくご贔屓に・・・」という意味があります。ですから辰歳の来年も興行が當りますようにとの願いが込められています。

 

 今年も、このブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 皆様も来年は當り年になりますように・・・。

 どうか良いお年をお迎えください。 (また来年もよろしくお願いします。)

|

« 風の巻103・見どころたくさん!「山の辺の道」 | トップページ | 京の巻109・みごとな親子です! »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻103・見どころたくさん!「山の辺の道」 | トップページ | 京の巻109・みごとな親子です! »