« 風の巻100・天下人の夢 | トップページ | 風の巻102・古の街道は・・・秋たけなわ »

風の巻101・ふさわしいもの・・・ふさわしくないもの?

  大阪城天守閣をはじめとする大阪城の遺構は現在では大阪城公園として多くの市民や観光客などに親しまれています。城に付随する様々な建物もそうですが、天守閣にふさわしいものとして「金の鯱(しゃちほこ)」があります。金の鯱は尾張名古屋城のものが特に有名ですが、天守閣に金の鯱を付けたのは織田信長か秀吉かといわれているそうです。信長の安土城はもうありませんので、今では大阪城のものが最初の頃の鯱をしのぶものになります。(今の大阪城のものは復興時のものですから秀吉時代のものでないのは仕方ありませんが・・・)

Dsc00112
 

 ところで、公園内にはこんな建物もありました。(下の写真です。)

Dsc00107
 

 これは、大阪市立博物館だった建物です。しかし、もともと博物館として建てられたものではなく、昭和6年に完成した陸軍第4師団の司令部庁舎として建設されたものでした。太平洋戦争では被災をまぬがれて、戦後は大阪市警視庁本部、大阪府警察本部として使われたそうです。府警に移転後には、昭和35年12月大阪市立博物館として再スタートしました。何度かの改修等を経て平成13年3月31日までその役割を果たしとうとう閉館しました。

 お城と軍隊の建物ということでどこか似ているところもありますが、天守閣とこの建物は、どうしても合わないような気がして、大阪城にはふさわしくないと感じましたが、皆さんはいかがでしょう。

 最後に天守閣から眺めたこの建物の姿をみてください。

Dsc00116

|

« 風の巻100・天下人の夢 | トップページ | 風の巻102・古の街道は・・・秋たけなわ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻100・天下人の夢 | トップページ | 風の巻102・古の街道は・・・秋たけなわ »