« (再開の巻)・森の巻92・したたりおちるのは? | トップページ | 森の巻94・大きなケヤキは、歴史的?! »

森の巻93・いろんな名前ででています!?

 前回紹介したブナの森で見かけた樹木の花が下の写真の花です。

Dsc00533

 ご存知の方もあると思いますが、「ウスギヨウラク」でツツジ科の樹木です。ヒラドツツジやレンゲツツジ、モチツツジなどのツツジ属の大きな花と違って、小ぶりの釣り鐘型の花を付けています。

 「ウスギ」とは”薄い黄色”の意味で花の色を示しています。また「ヨウラク」とは”瓔珞”から来ているようで、菩薩以下の仏像の首飾りや寺院、仏壇などに用いられる荘厳具のことを言うようです。花の形がその瓔珞に似ているということです。

 この樹木の仲間(属)には、ヨウラクツツジ、ウラジロヨウラク、ムラサキツリガネツツジなどがあります。(属名は、ヨウラクツツジ属)

 ところで、この「ウスギヨウラク」なんですが、いくつかの図鑑類を見て少し(?)な感じがしました。

・「樹に咲く花」(山渓ハンディ図鑑5):【ウスギヨウラク】(別名:ツリガネツツジ)

・「原色日本植物図鑑 木本編(Ⅰ)」(保育社):【ツリガネツツジ】(別名:ウスギヨウラク、サイリンヨウラク)

・「牧野 新日本植物図鑑(昭和48年・第25版)」(北隆館):【この種は記載なし】

・「朝日百科 世界の植物(第2巻)」(朝日新聞社):【サイリンヨウラク】(別名:ウスギヨウラク、ツリガネツツジ)

 植物に別名があるのはよくあることですが、標準和名は同じものだと思っていました。しかし、上に示したように、図鑑類ごとに主たる和名が異なっているのは、珍しいなと感じたところです。

 私は、「ウスギヨウラク」と覚えたので、それをよく使っていますが、みなさんはいかがですか?

|

« (再開の巻)・森の巻92・したたりおちるのは? | トップページ | 森の巻94・大きなケヤキは、歴史的?! »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

 キタゴンさん。コメントありがとうございます。そちらでは「ウスギヨウラク」は見かけないとか・・・。図鑑を見ると「山梨・長野以西」とありますので、東北や北海道では見られないようですね。近畿では時々見かけますが、そう頻繁に現れるものでもないようだと思っています。
 話は飛びますが、八甲田山系へまた行ってみたいですね。つい昨日のように思うのですが、8年ほど前になるのでしょうか?なつかしい場所になってしまいました。

投稿: 森太郎 | 2011年6月17日 (金) 18:11

ウスギョウラクは初めて知りました。
こちらで見かけたことはありません。
八甲田山系にはコヨウラク、ウラジロヨウラクはよく目にします。

投稿: キタゴン | 2011年6月17日 (金) 05:37

 本当に、久しぶりですね。なんとか再開できました。自分でもいつ再開できるのかと(ちょっと冷や汗ぎみで)危ぶんでいたのですが、どうにかこうにか、その気になりました。
 さて、写真をほめていただきありがとうございます。「数打ちゃ当たる!」式でたくさん写真を撮りましたが、いいのはやっぱり少ないです・・・。まあどうにかブログに載せてもいいかなと思ったのがこの写真です。古いカメラを持っていったので、後で一眼レフを持っていかなかったのを悔やんでいます。
 また行きたい森ですので、今度はじっくり写真を撮りたいなあ~と思っています。(楽しみに残しておきましょう。)

投稿: 森太郎 | 2011年6月14日 (火) 16:21

お久しぶりです。
再開を心待ちしておりました♪
ブナもですが、これまた良い写真ですね。

私もウスギヨウラクで覚えましたが
あの「アヒル」の子のように?それが初めに覚えた名前ですから
そんなにあれこれあっては困ります(汗)

瓔珞だの華蔓だの、植物のお陰で知った事も多く
それはありがたいのですが。

投稿: snowrun29 | 2011年6月14日 (火) 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (再開の巻)・森の巻92・したたりおちるのは? | トップページ | 森の巻94・大きなケヤキは、歴史的?! »