« 京の巻100・除夜の鐘 | トップページ | 京の巻102・京都の真ん中! »

京の巻101・辛卯・新年あけまして おめでとうございます

 みなさま。新年あけましておめでとうございます。 

 辛卯(かのとう)の歳があけました。「辛」は新しいで、(「しん」とも発音)草木が枯れてあらたな世代が生まれようとする状態。また、「卯」は陰陽五行では「木」にあたり、草木が地面を覆うありさまを示すそうです。

 草木が新たに生まれて地面を覆うように茂るような年になれば、国連の「国際森林年」にふさわしい年になるのではないかと思います。

 京都の最初の天皇である桓武天皇を補佐し平安京の創生、発展につくした和気清麻呂を祀る護王神社でも新年を迎える大きな絵馬が掲げられています。

Dsc00320_2

十二支の卯にあてられた「ウサギ」を描いた大きな絵馬に、跳躍する社会やわが身を重ね合わせて、少しでも良き歳になるようお願いし、また決意をあらたにしたいものです。

 どうか、今年もよろしくお願いします。

|

« 京の巻100・除夜の鐘 | トップページ | 京の巻102・京都の真ん中! »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻100・除夜の鐘 | トップページ | 京の巻102・京都の真ん中! »