« 風の巻88・風にそよいでススキの穂が(曽爾高原) | トップページ | 風の巻90・新餘部橋梁はこんな姿です! »

風の巻89・ただ今解体中・・・余部鉄橋!

 2010年8月12日に新しい「余部橋梁」が開通しました。今となっては旧橋梁となった初代「余部橋梁」はどうなったのか? 現在解体中なんです。新橋梁はコンクリート橋ですが、旧橋梁は、人々から親しみを込めて「余部鉄橋」といわれたように鉄でできていました。

Dscf1066

この写真は海に向かって右側(山陰本線の京都側)の橋脚解体現場です。ほぼ解体が済んでいます。もう多くの人々に親しまれたあの姿は見られれなくなりました。

もう一枚は左側(山陰本線の鳥取側)の橋脚を解体している途中です。

Dscf1063

まだ下の枠が残っています。その奥に旧の橋脚が見えるのがわかるでしょうか。旧橋脚の一部は保存されるということです。

東京では、「東京スカイツリー」が間もなく500メートルに達しようとしていますが、その建設中の姿が二度と見られないということで、かえって人気が出ているようです。こちらは、解体中ですが、この様子も二度と見られない貴重なワンシーンともいえるでしょう。

|

« 風の巻88・風にそよいでススキの穂が(曽爾高原) | トップページ | 風の巻90・新餘部橋梁はこんな姿です! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻88・風にそよいでススキの穂が(曽爾高原) | トップページ | 風の巻90・新餘部橋梁はこんな姿です! »