« 風の巻・85 瀬戸内海の明石海峡大橋を見上げました! | トップページ | 風の巻87・ローカル線風景です~ »

風の巻86・海のそばには移情閣

 その名も「移情閣」と呼ばれ、舞子海岸の海べりにたたずむ洋館は、中国の革命家、思想家である孫文(字が中山なので、「孫中山」と呼ばれることが多いようです。)を顕彰する記念館なのですが、建物は、神戸で活躍した中国の貿易商呉錦堂の別荘「松海山荘」を前身としてその別荘の東に建てられた三層八角形の楼閣です。

Dscf0941

見た目には六角にもみえることから、地元の人々には、「舞子の六角堂」とも呼ばれていたようです。前に紹介した明石海峡大橋のすぐ近くにありますが、実は、その大橋の建設に当たり、200メートルほど西南に解体移築されて今の位置に建てられているのです。

 海と橋と「移情閣」・・・なかなか良い眺めです。

Dscf0945

|

« 風の巻・85 瀬戸内海の明石海峡大橋を見上げました! | トップページ | 風の巻87・ローカル線風景です~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻・85 瀬戸内海の明石海峡大橋を見上げました! | トップページ | 風の巻87・ローカル線風景です~ »