« 風の巻71・ミニトリップです | トップページ | お知らせ「一時休止」について »

風の巻72・未来志向でしょうか・・・

 自然の一員である人間は、自分たちの暮らしを豊かにするため、森や川や海など自然環境の一部を新しい空間に変えてきました。それらは昔の都づくりなどにも見られように決して現在の問題だけではありません。今では「開発」と呼ばれ、時には自然破壊に結びつくものとして問題視されています。

 しかしながら、人間がこの地球で暮らしていく限り、自然の改変や破壊を全くなくすことはできないのでしょう。でも、だからと言って野放図に「開発」や「改変」を放置することも問題です。

「持続可能な開発」とも言われてきていますが、まずは、自然環境が人間の暮らしにとってとても大切なんだということに気づき、しっかり心に刻むことが重要だと思います。それに気づけば、自然環境をよく見て、色々と知恵を出し、行動していくことができるのではないでしょうか。Dsc00225

 写真は、兵庫県の西部にある播磨科学公園都市の姿の一部です。山中の森林を拓いて都市を生み出したのです。今では小学校、中学校、高校、大学をはじめ行政機関の建物や研究施設、企業の事業所、研究所等に加えてゴルフ場やサッカー場などたくさんの施設が造られています。世界最大級の「Spring-8」という大型放射光施設もあり最先端の研究が続けられています。

 一見未来都市のように見える景色ですが、人の姿はまれで、人間の暮らしの息吹が感じられないと思うのは私だけでしょうか。未来の姿は、斬新なデザインの建物の中にあるのでしょうか?科学的な進歩の最先端にあるのでしょうか? Dsc00229

新しい年をまもなく迎えますが、人間にとっての望ましい暮らしはどのようなもので、どうすれば身近なものになるのか、じっくり考えてみたいものです。・・・皆様どうかよいお年をお迎えください。  (2009年最終巻)

|

« 風の巻71・ミニトリップです | トップページ | お知らせ「一時休止」について »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻71・ミニトリップです | トップページ | お知らせ「一時休止」について »