« 森の巻82・聞きなれない名前ですが・・・ | トップページ | 風の巻62・これがあの・・・ »

森の巻83・こんなところに池が・・・

 琵琶湖を望む湖西の山の一つに蓬莱山があります。標高は1,174メートルとそこそこ高い山です。実はここの頂上付近は「びわ湖バレイ」というスキー場となっています。そのため山麓から大型ロープウェイ(121人乗)が782メートルの標高差のある1,700メートル余りの距離を約5分という超スピードで山頂付近まで運んでくれます。小さな子供もお年よりもおまけにペットの犬まで乗車OKなのです。スキー場のゲレンデ周辺は、ファミリー客であふれかえり、レストランや売店、遊びの広場などなど、ちょっとした観光地の様相です。

それはそれで結構なのでしょうが、少し山歩きをしようと初めて出かけた身にはちょっとがっかりした気分になってしまいました。

 少し歩いたところに小さな池があると聞いていましたので、その池を目指して頂上から下りました。ところが、このコースが先ほどの喧騒が信じられないくらいに静かなコースで、別の山に行っているようでした。登山路の左には琵琶湖が遠望できます。湖岸の町並み、田んぼや琵琶湖大橋も眺めることができるのです。緩やかな勾配で平坦なところもあり大変歩きやすい登山路でした。眺めに見とれながら、鞍部まで降りると道標があり、右手に「小女郎ケ池」とあります。比良山系によく見られるという池や沼の一つで、ここは標高1,060メートルに位置するとかで、こんなところにも池があるのかと感心させられます。

 今から約6,300年前の火山噴火により積もった火山灰(アカホヤ火山灰)が池の地層にはさまれているそうです。Dsc00162 小さな池ですが、静かなたたずまいを見せていました。

昔、久衛門という男の孝という妻がここへ薪を取りに来て美貌の青年に出会い、以来夜になると池に出かけるようになり、不審に思った夫に見つかったのですが、お詫びのしるしに自分の左目をくりぬいて、こどもが乳をほしがったらこれをしゃぶらせてほしいと池に入っていったという悲しくも恐ろしい伝説があるそうです。その青年は池の主で大蛇であったとか・・・。孝女郎が入っていった池なので孝女郎ケ池といわれ、いつしか小女郎ケ池となったそうです。

 片道40分程度の登山道ですが、途中にお地蔵様が祀られていたりして、なかなか趣のあるところでした。景色のすばらしさもよく、比叡山や武奈ケ岳も望められ、山頂の喧騒も帳消しにできました。 Dsc00170_2

|

« 森の巻82・聞きなれない名前ですが・・・ | トップページ | 風の巻62・これがあの・・・ »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。蓬莱山のスキー場はちょっと・・・ですが、一歩山道に踏み込めば、絶景続きで歩きやすく、すばらしいところです。小女郎ケ池もなかなかいい感じでした。一度出かけてみてください。

投稿: 森太郎 | 2009年10月10日 (土) 19:48

こんにちは~!
小女郎ケ池にはそんな伝説が!
蓬莱山にはまだ行った事がないのですが
これはなかなかの、ですね。

先日、湖西でコアユの遡上も見ましたし
滋賀もやはり良い所ですね。
こちらにもまた行かせて頂こうと思いますv

投稿: snowrun29 | 2009年10月 6日 (火) 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻82・聞きなれない名前ですが・・・ | トップページ | 風の巻62・これがあの・・・ »