« 風の巻59・これも大切なものです | トップページ | 風の巻60・こんな里だったんですね・・・ »

森の巻80・そうだったんですか!

最近、ハスの葉を使ってお酒を飲む"蓮酒"の新聞記事がでていましたが、今は大きな池などに蓮がきれいにさいています。ところで、こちらは「スイレン(睡蓮)」の花です。スイレン科の水生植物で、こちらも池などの静水域に生育していますね。写真は白い花ですが、ピンク系統の色をした花もあります。Dsc00125

ところで、私は「スイレン」という一つの種の植物と思っていました。・・・が、実は日本に自生するのは「ヒツジグサ」で、スイレンは科名だったんです。ヒツジグサも確かに聞いたことはあるのですが、スイレン科の別種の植物と勘違いしていました。(どうも勉強不足で、反省しきりです。)

これだけきれいな花ですから、今後はしっかり覚えます。

|

« 風の巻59・これも大切なものです | トップページ | 風の巻60・こんな里だったんですね・・・ »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

お返事遅くなりました。 はす酒を「象鼻杯」っていうんですか?なるほど!と納得ですが、そのまま「蓮酒」のほうが、味わいがあるような・・・。写真を見るとちょっと飲みにくそうな感じですが、飲んだ人の感想では「結構いけますね。」とのこと、一度なら飲んのでみたいです。

投稿: 森太郎 | 2009年8月10日 (月) 20:47

「蓮酒」
草津の水生植物園などで飲める「象鼻杯」ですね?
なかなか優雅な、ですね。
昔からあるのでしょうか。

私は殆どお酒を飲まないので解らないのですが
あれってどういう仕組みで飲めるのでしょうか。
蓮の葉に注いだお酒を茎で待ち受けて、でしょう?

睡蓮ていう花、私もそう思ってました^^;
羊草は午後2時(羊の刻)に咲くからと聞きましたが
睡蓮の仲間でそういうものも、なんだなぁと、、大汗
認識を新たにしました、ありがとうございます。

投稿: snowrun29 | 2009年8月 4日 (火) 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻59・これも大切なものです | トップページ | 風の巻60・こんな里だったんですね・・・ »