« 京の巻87・ここにも亀が・・・ | トップページ | 京の巻88・みごとです! »

風の巻58・大したもんです!

 滋賀坂本の日吉大社は比叡山(延暦寺)と切っても切れない関係ですが、僧兵がこれを担いで京の都の朝廷に強訴にいったということです。そうですね神輿ですね。平安京に遷都後桓武天皇が寄進したとされており、数々の神輿が担がれたことでしょう。

 写真に写っているのは、桃山時代に造られた神輿だそうです。本来ならさらに古い神輿が残されていてもいいのですが、元亀二年(1571)、信長の比叡山焼き討ちにより焼失してしまいました。したがって桃山時代のものとなるのです。重要文化財として日吉大社には14基現存しているということです。

 それにしても、天皇をも嘆かせた比叡山の僧兵はこんな神輿を担いで比叡山を越え都に強訴に行ったとは大したもんです。何しろこの神輿、重さ五百貫で約2トンもあるんですよ!弁慶のような僧兵がわんさかいたのでしょうか、驚くばかりです。

 なお、この強訴は平安から室町時代に至る三百七十年間に四十数回行われたということです。恐るべし、比叡山のパワーです。

Dsc00083

|

« 京の巻87・ここにも亀が・・・ | トップページ | 京の巻88・みごとです! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻87・ここにも亀が・・・ | トップページ | 京の巻88・みごとです! »