« 風の巻55・これが日本一・・・です | トップページ | 森の巻79・珍しくはないんですが・・・久しぶりです »

風の巻56・少し珍しいのです

京都の街から東を望むと、大文字山がまず目につきますが、辺りで一段高いのが比叡山です。標高848メートルですが、東山では一番高い山でよくわかります。さて、比叡山は近江の国(滋賀)にも属し、麓は坂本という街で、そこは延暦寺を創建したというより日本天台宗を広めた平安時代の最澄が生まれたところです。

そこに「日吉大社」がありますが、全国3800余りの日吉大社の総本宮がこの坂本の日吉大社なんです。神社に鳥居はつきものですが、ここの鳥居には少し珍しい形をしたものがあり、日吉鳥居と呼ばれています。日吉大社は「山王さん」とも呼ばれるように、天台宗の山王一実神道と関係し、この鳥居も「山王鳥居」とも呼ばれ、他に合掌鳥居、破風鳥居、総合鳥居などとも呼ばれるそうです。Dsc00073

この手前にある神社入り口には下の写真のような明神鳥居がどーんと建っています。

境内は青葉繁れる静寂なところで、心静かにお参りすることができました。(その様子はまた、おいおいと・・・)

Dsc00071

|

« 風の巻55・これが日本一・・・です | トップページ | 森の巻79・珍しくはないんですが・・・久しぶりです »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻55・これが日本一・・・です | トップページ | 森の巻79・珍しくはないんですが・・・久しぶりです »