« 京の巻79・ここでも朝市です | トップページ | 京の巻81・ここでも咲き始めましたよ! »

京の巻80・かつての超高級車!?・・・

 京の朝市で見たのが、牛車です。牛車は、平安貴族などが使っていた乗り物なのは皆さんもよくご存知でしょう。もちろん、これにもいろいろと種類があって、貴族の位や、身分の違いなどで幾つかの牛車があったようです。その中でも写真の牛車は、「唐庇車(からびさしのくるま)」と呼ばれていたもので、上皇や皇后、親王など天皇に身近な人や、天皇の家臣では摂政・関白などきわめて身分の高い人々が使ったものなので、かつての超高級車!といえるのではないでしょうか。 01_2

屋根の形が建築なので見られる「唐破風」の形になっており、写真で白く垂れ下がっているのは、ビロウで作られた屋根材です。もちろん、南の島ではよく見かけるヤシ科の植物ですが、わが国でも、南西諸島や九州、四国の南部海岸沿いに自生しています。

古代においては、この珍しいビロウが松や梅などよりも神聖視されていたそうです。

 ところで、写真の牛車は京都三大祭りのひとつ時代祭りに使われるもののようです。想像をたくましくすると、今にも平安貴族が御簾を上げて降りてくるところが見えませんか・・・。

|

« 京の巻79・ここでも朝市です | トップページ | 京の巻81・ここでも咲き始めましたよ! »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻79・ここでも朝市です | トップページ | 京の巻81・ここでも咲き始めましたよ! »