« 風の巻47・なんて読むの?? | トップページ | 森の巻73・どうして、今頃?? »

風の巻48・ちょっとお勧めです!

 ノスタルジーといえば”郷愁”。ざっくばらんに言えば、心に懐かしさを感じるものでしょうか。でも、その懐かしさはどこから来るのでしょう・・・。風景にも郷愁を覚える景色がありますし、建物や街のたたずまいなどにも何かしら郷愁を感じさせられることもあります。

但馬地域は自然の風景にも郷愁を感じさせるものがありますが、建物にもそれが見られます。03 茅葺の家は昔の風情を醸し出していますし、落ち着きがありますね。

02_2 瓦屋根でも土壁ならやはり懐かしさを感じます。色合いも素敵ですね。01

そんな建物がいろいろと立ち並び、中には蔵造りの建物が音楽堂になったりしている処があります。旧八鹿町の「但馬長寿の郷」なんです。これらの建物は全体の一部で、他に研修施設や宿泊施設もあります。レストランももちろん。写真の施設では、木工、陶芸、農作業など様々な体験も企画されています。

これらのは1998年9月27日にオープンした施設なので、まだ10年余りしか経っていません。それなのに、なぜか”郷愁”を感じてしまうのはなぜでしょう。  ここに来ると”ほっ”とします。皆様にも「ちょっと」ではなく「大変」お勧めの処なんです。

|

« 風の巻47・なんて読むの?? | トップページ | 森の巻73・どうして、今頃?? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻47・なんて読むの?? | トップページ | 森の巻73・どうして、今頃?? »