« 風の巻46・あの石でこんなものが・・・ | トップページ | 京の巻71・伏見の十石舟で舟下り(2) »

京の巻70・伏見の十石舟で舟下り(1)

【お詫び】続けてこのブログをご覧いただいていた皆様へ

  9月20日の記事依頼更新ができていませんでした。パソコンが再び故障したためです。中断していたことをお詫びいたします。  前回の記事で約束していた、滋賀の田上山の荒廃の状況については、データーの消失もあり別の機会にしたいと思います。 今回より、あらためて「京の巻」・「森の巻」・「風の巻」として、気の向くままにご紹介していきたいと思います。よろしくお付き合いのほどを・・・。

**************************************************************************  NNHK大河ドラマ「篤姫」でも少し出てきたかと思いますが、龍馬が幕府捕り方に襲われる場所は伏見「寺田屋」です。これは以前ご紹介したかと思いますが、今回は「十石舟」に乗船してみましょう。

なぜ伏見と舟が関係あるのかというと、かつて伏見は重要な交通の拠点でした。都が京都にあり、そこから各地へ移動するのに陸上なら馬や籠、徒歩などが主要な移動手段でしたが、もう一つ重要な交通は船による水運でした。

例えば、京と大阪を結ぶのは淀川という大きな河川ですが、京都近くから淀川に近づくにはその支流を利用しました。支流のひとつに宇治川があります。伏見は秀吉の伏見桃山城の例を出すまでもなく、その昔より賑わいのある街でした。日本で始めての「銀座」が造られたのも伏見です。徳川幕府にとっても重要な地域でした。Dsc00083

そんな訳で、船運が盛んとなり「寺田屋」のような船宿も多くできたのです。淀川を上り下りした船は「三十石舟」だったそうですが、今伏見では「「三十石舟」と「十石舟」が観光用に運行されていて街外れの水路のようなところをゆっくりと廻っています。Dsc00089(続く)

|

« 風の巻46・あの石でこんなものが・・・ | トップページ | 京の巻71・伏見の十石舟で舟下り(2) »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻46・あの石でこんなものが・・・ | トップページ | 京の巻71・伏見の十石舟で舟下り(2) »