« 風の巻44・こっちとあっち | トップページ | 森の巻71・所変われば名も変わる »

森の巻70・縦笛ではありません

 笛には穴があいていて、その穴を押さえるといろいろな音階で音色が聞こえます。そんな笛をイメージしたのですが、これは生きた樹木の穴でした。

どうでしょうか。縦笛にみえませんか?

 おそらくモモンガのねぐらではないかということでした。いくつも穴が開いており、侵入する敵をだますのかたくさんの個体がいるのかよくわかりませんが、比叡山のように大木の残っている森にはモモンガやあるいはムササビなどもそれなりに見られるようです。Dsc00034

|

« 風の巻44・こっちとあっち | トップページ | 森の巻71・所変われば名も変わる »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻44・こっちとあっち | トップページ | 森の巻71・所変われば名も変わる »