« 風の巻40・次は比叡のお山です | トップページ | 風の巻42・あの歴史上の人物も・・・ »

風の巻41・新しいが古いもの?

 比叡山延暦寺、千二百年の不滅の法灯を守る長い歴史を持つ寺院です。しかし、長いが故にその間いろいろな災難も被ります。学僧のために経典の講義などが行われる道場として、大講堂があります。Photo_2

写真の建物がそうですが、これは新しい講堂です。信長の焼き討ちよりはずっと新しい出来事なんですが、旧大講堂は、昭和31年(1956)の火災による焼失後に、山麓の坂本から移築されたものだそうで、坂本では東照宮の讃仏堂として使われていました。

それでも、その讃仏堂は江戸時代初期の寛永11年(1634)の建立ですから、今から370年余り前の建物です。もう十分古いですよね!

(続く)

|

« 風の巻40・次は比叡のお山です | トップページ | 風の巻42・あの歴史上の人物も・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻40・次は比叡のお山です | トップページ | 風の巻42・あの歴史上の人物も・・・ »