« 森の巻68 都で葵といえば・・・ | トップページ | 京の巻65・愛宕参りは・・・(1) »

森の巻69・直線美?

 森の木々は、地上から芽を出し、長年かかって成長していきます。広葉樹ならゆるやかに樹形をくねらせながら枝を大きく張りだして全体としてまあるい形にちかづくものが多いですね。針葉樹は幹を真っ直ぐに上に伸ばし、枝は横あるいは斜め上に伸ばし、全体として円錐形のとがった感じになります。

 どちらにしても、直角に曲がるような樹形や枝張りは見かけません。

ところが、見つけたのです!直角にDsc00151_2 伸びた枝を・・・。 しかも二箇所も直角になっているんですよ!

どうですか。面白いですね。場所は大文字山から銀閣寺へ下山する途中の林です。

|

« 森の巻68 都で葵といえば・・・ | トップページ | 京の巻65・愛宕参りは・・・(1) »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻68 都で葵といえば・・・ | トップページ | 京の巻65・愛宕参りは・・・(1) »