« 風の巻38・かつては機関庫、今倉庫 | トップページ | 森の巻66・ちっちゃいな~ »

京の巻64・やっぱり大きいな!

 さて、皆様(特に以前よりこのブログを見ていただいている方)には、久しぶりの新着記事となります。3月末にパソコンの調子が悪くなり、年度末、年度初めの忙しさもあって、修理にもなかなか出せずにいたのですが、ようやく修理にはだせまして、いま修理中です。   それで、別のパソコンで仮復旧したところですので、ぼちぼち続けさせていただこうかと考えています。(当面1週間に1回程度の情報発信とさせていただきます。)・・・どうかよろしくお願いします。

 久しぶりにそばに近づいて、その大きさに圧倒されそうでした。平安神宮の大鳥居のことです。この鳥居大きい上に朱塗りの色がよく目立ち、東山の上からもよくわかります。鳥居の高さではDsc00126、熊野本宮大社の大鳥居が33.9mで日本一だそうですが、存在感としてはこの平安神宮の大鳥居のほうがうえのような気がします。柱の直径は3.63mあるそうで大変太いと実感できます。

あまり近づきすぎると、カメラにおさまりませんので、やや遠景から写しました。Dsc00128

 そんな大きな鳥居ですが、右の写真をみてもらうと少し高いところからの目線で写しているのがわかるでしょうか。

 向こう側に見えるのが京都市美術館でその反対側つまり、撮影している場所は「京都国立近代美術館」の4階です。

※平安神宮は明治28年に建造されたものですが、この大鳥居は1928年(昭和3年)10月に建てられたものです。

|

« 風の巻38・かつては機関庫、今倉庫 | トップページ | 森の巻66・ちっちゃいな~ »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻38・かつては機関庫、今倉庫 | トップページ | 森の巻66・ちっちゃいな~ »