« 森の巻64・樹の皮って色々だな(7) | トップページ | 風の巻37・春を待つ »

森の巻65・樹の皮って色々だな(8)

 桜餅のことちょっと書きましたが、柏餅もおいしいですよね。あのもちもちとした白い餅に餡が入っているのがいいし、柏の葉に包まれているのがなんとも言えず嬉しいです。

 それで柏餅になくてはならないのは、あんこと餅はもちろんですが、カシワの葉も欠かせません。カシワは大きな葉を持ち、葉縁の鋸歯が波型の凹凸になっているのでよく分かります。Dsc00029

写真の葉は、カシワではなく「ナラガシワ」です。鋸歯の先端が少しとがっていて、カシワとは少し感じが違います。むDsc00025しろコナラに似ているようですが、葉は大きくカシワほどの大きさ(12cm~20cm)になります。

 樹皮は、やはり縦に裂けています。堅果(ドングリ)はカシワよりコナラに近いでしょう。材はコナラと同じく炭材として利用されていたようです。

 岩手県、秋田県以南に分布しますが、朝鮮半島や中国、ベトナムからヒマラヤのシッキムまで広く見られるようです。    五月の端午の節句が待ち遠しい・・・。

|

« 森の巻64・樹の皮って色々だな(7) | トップページ | 風の巻37・春を待つ »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻64・樹の皮って色々だな(7) | トップページ | 風の巻37・春を待つ »