« 森の巻61・樹の皮って色々だな(4) | トップページ | 森の巻62・樹の皮って色々だな(5) »

風の巻36・おだやかな田園風景です」

 雪が降ったり、風が強い日があったり、なかなか寒さから逃れられませんが、時には温かい日も。

 ここは丹波篠山の田んぼです。風もなく、暖かな陽射しがこの田園地帯をおおっていました。昼ごはんのあと田んぼの畦道をゆっくりと歩いてみました。

Dsc00006 とはいうもののまだ冬ですから、これといって花が咲いているわけではないのですが、足元を見やるとこんな小さな花がたくさん咲いていました。オオイヌノフグリ。おなじみの草花ですが、こんなときに見ると春を感じます。

Dsc00003_2

日本の田んぼにすっかりなじんでいるように見えますが、実は西アジア原産とか。(学名:Veronica persica Poir.persicaはペルシャを指します。)

遠いところから来たんですね。

|

« 森の巻61・樹の皮って色々だな(4) | トップページ | 森の巻62・樹の皮って色々だな(5) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そうですね。イノシシ肉のボタン鍋が名物です。ただ今シーズンは獲れる頭数は少ないと聞いています。ウリ坊まで獲るからじゃないかなどと言われていますが、どうでしょうか?
篠山は「丹波松茸」「丹波栗」「丹波黒豆」なども名物ですよ。

投稿: 森太郎 | 2008年3月 8日 (土) 20:38

丹波篠山といえば、すぐにイノシシが連想されますが、この辺もいるんでしょうネ。

投稿: 北の権助 | 2008年3月 7日 (金) 03:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻61・樹の皮って色々だな(4) | トップページ | 森の巻62・樹の皮って色々だな(5) »