« 京の巻61・雪の御所 | トップページ | 風の巻34・これが丹波竜です »

森の巻60・もうすぐ春ですね!

 2月9日の土曜日は、全国的に雪模様のようでしたが、京都でも結構降りました。我が家の近所で約7Dsc00099~8センチ積もったでしょうか。

 そんな冬真っ盛りの季節ですが、少しずつ春が近づいています。1月から2月に黄色い花をつける蝋梅(ロウバイ)が御苑に咲いていました。 他に花が少ない時期なのでよく目立ちます。花の中が黄色いので、実際はソシンロウバイです。「素心蝋梅」

写真を見ていただいたら分かると思いますが、その花はまるで蝋細工のようです。また花を梅になぞらえて「蝋梅」と呼ばれるようになったのは、うなずける話です。Dsc00102

 ただ、陰暦の十二月すなわち「蝋月」に咲くので蝋梅と呼ばれるとの説もあるそうです。

 もうひとつ春にちなんだ植物を紹介します。「ハルニレ(春楡)」です。北海道ではお馴染みなんでしょうが、なぜか京都御苑で大きく生育しています。西日本ではまずお目にかかれない樹木なんですが、北国の方からの献木なんでしょうか・・・。 (こちらは、名前に春が付くので春を思ったわけです。樹名板に「ハルニレ」と書いてありますね。)

 このときも雪が舞い散る寒い御苑でしたが、春の足音がかすかに感じられました。そうそう、紅梅白梅の花も二輪、三輪と咲いていましたね。

|

« 京の巻61・雪の御所 | トップページ | 風の巻34・これが丹波竜です »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻61・雪の御所 | トップページ | 風の巻34・これが丹波竜です »