« 風の巻32・春の海?? | トップページ | 京の巻61・雪の御所 »

風の巻33・どちらが本当?

 龍野という地域を以前紹介したことがあります。清流揖保川の下流域に発達した城下町です。JR山陽本線の姫路より西に行くと「竜野駅」がありますので、そこが龍野の中心駅だと思っていました。

 しかし、同じ龍野にもう一つ「本竜野駅」という駅があるのです。JRの姫新線の駅です。Dsc00007

龍野は古い城下町で以前は龍野市だったのですが、近頃の市町合併により「たつの市」となりました。そして「竜野駅」のほうはというと、揖保川町という町にあり龍野市ではありませんでした。

揖保川町に「竜野駅」、龍野市に「本竜野駅」があったのです。それが市町合併で龍野市も揖保川町も「たつの市」になったのです。

いわゆる龍野の中心駅は「本竜野駅」なのですが、駅付近の賑わいからDsc00008いうと「竜野駅」がまさるような気がします。

 ・・・ なんかややこしい話ですみません。

 いずれにしても、龍野は童謡「赤とんぼ」の作詞者三木露風のふるさとなので、「本竜野駅」の駅前には赤とんぼをイメージした銅像が建てられています。落ち着いた静かな街なんですよ。

|

« 風の巻32・春の海?? | トップページ | 京の巻61・雪の御所 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻32・春の海?? | トップページ | 京の巻61・雪の御所 »