« 京の巻53・鳥居本の秋一景(1) | トップページ | 京の巻54・いよいよです「魔王殿」! »

森の巻52・竹の環プロジェクト(2)

 竹は今少し”やっかいもの”としてその扱いをどうしようかと、困った状態です。間伐したら竹林はきれいになるのですが、伐った竹は積み上げておくだけです。何かに利用すればいいのDsc00032ですが、一般的にはなかなか利用の道がありません。

ここに紹介するのは、竹の新しい利用方法「竹ペレット」です。左の写真は竹がペレットになってでてくるところです。間伐した竹(直径65mm以下程度の竹幹か枝葉)を機械に入れると出口でこのようなペレットになって出てきます。Dsc00042

燃料、飼料、肥料(土壌改良剤にも)にとその用途は多様です。また、マテリアル利用としてプラスチックの代用にもなるようです。燃料、肥料なら一般家庭や農家などでうまく利用できるのでは思いました。

|

« 京の巻53・鳥居本の秋一景(1) | トップページ | 京の巻54・いよいよです「魔王殿」! »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

20年前、「石炭ストーブ」として生まれた竹を燃やせるほど頑丈で、かなり安くて珍しいペレットストーブD2縦型(70,000円)を見つけました。
誰もがタダで、入手できそうな竹をギア式ガーデンシュレッダーで、竹チップ燃料にできれば一番安い上に、全国で拡大している放置竹林の問題も解決しますね。
ダッチウエスト(FA225)だと30万以上するうえに、2~3年の使用でかなり高い消耗品の交換が必要になりますが、ペレットストーブD2縦型は7万円で二次燃焼室と三次燃焼用の空気取入れ口までついている上に、単純な構造なので消耗品の交換がなくても10年以上使用できるそうです。薪ストーブの購入を、検討されている方がいたら是非教えて上げて下さい。

竹の生木チップも燃料に出来そうなペレットストーブD2縦型
http://blogs.yahoo.co.jp/itventurecapitalcoltd/21527934.html
おそるべし二次燃焼システム
http://plaza.rakuten.co.jp/shirotori/diary/?ctgy=2
竹燃料 ペレットストーブD2縦型
http://blogs.yahoo.co.jp/itventurecapitalcoltd/21527934.html

投稿: 竹燃料 ペレットストーブD2縦型 | 2008年12月30日 (火) 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻53・鳥居本の秋一景(1) | トップページ | 京の巻54・いよいよです「魔王殿」! »