« 風の巻29・築城400年!彦根城(5) | トップページ | 京の巻52・宇治の秋景色 »

京の巻51・番組学校・・・??

  「番組学校」と聞けば、TVなどの番組制作などのことを教える学校かなと思いませんか・・・。(思いませんってですか。)話は昔、明治の時代のことです。

 東京遷都で落胆した京都の町の人々は、なんとか京都を活力のある町としていかねばとの思いを強くしていました。明治2年に京都では、なんと64もの小学校が誕生しています。その運営は京都府や京都市ではなく市民提供の基立金で設立された「小学校会社」だといDsc00001うことです。

 でもなぜ「番組・・・」なの?学校の単位が、江戸時代の町民の自治組織だった町組で、個別の名前を付けるとややこしいので、番号をつけた小学校にしたため「○○番組小学校」と呼ばれたのです。Dsc00002

左の写真の石碑には「下京第二十四組小学校」とありますが、右の説明文をよく読んでいただくと、その前身は「下京第十六番組小学校」だったことがわかります。

ひとつの学校でも本当にいろいろな変遷があるものだなーと感心してしまいます。

|

« 風の巻29・築城400年!彦根城(5) | トップページ | 京の巻52・宇治の秋景色 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻29・築城400年!彦根城(5) | トップページ | 京の巻52・宇治の秋景色 »