« 京の巻47・三条通り界隈(1) | トップページ | 森の巻46・こぶしの実 »

京の巻48・三条通り界隈(2)

Dsc00121_2  さらに東へ向かうと、赤煉瓦の洋館が目に付きましたが、1階のショーウインドゥにはアロハシャツが飾られていました。明治23年に建てられたこの建物は、昔は時計屋さんだったそうですが、何気なくこんな建物があるんですね。

Dsc00126 寺町通まで来ると、西南の角に大きな甕が並べられた店がありました。黒酢を販売している店で、ジュースバーも・・・。

その向いには、すき焼きで有名な「三嶋亭」があります。初代の主人夫婦が長崎Dsc00128で牛鍋を学び、京に戻り明治6年ここで創業した店だそうです。平成の今も営業を続ける伝統あるすき焼きの店です。一度食べに行ったことがあります。店の雰囲気がレトロな感じでタイムスリップしたような気がしますね。

まあ、いろんな店があり、歩いていても退屈しません。みなさんも、京の街へ行かれたら、三条通を、一度ごゆっくりぶらぶら歩きをされてはどうでしょうか?

|

« 京の巻47・三条通り界隈(1) | トップページ | 森の巻46・こぶしの実 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻47・三条通り界隈(1) | トップページ | 森の巻46・こぶしの実 »