« 風の巻21・にほいおこせよ梅の花・・・ | トップページ | 森の巻43・鞍馬の自然観察(6) »

森の巻42・鞍馬の自然観察(5)

 鞍馬寺の本堂を目指してつづら折の参道を歩いていくと、道の両側にあれこれ樹木が茂っています。そんな中、参道の灯篭の際に、なにやらおおきな葉の樹木が目立ちました。Dsc00044

遠目には少し分かりにくいのですが、近寄ってみると葉の付き方が少し変わっているのに気づきます。皆さんがよく見る広葉樹の葉は、普通枝に1枚ずつ交互に付いているか、同じ箇所から対になって付いていることがほとんどかと思います。あるいは鳥の羽のように小さな葉が向かい合ってたくさん付いているものもたまに見かけるでしょう。

 これらは、互生、対生、羽状複葉という葉の付き方です。しかし、ここで見る樹木の葉はそのどれでもありません。実は互生のようでありながら、1枚ずつではなく、2枚ずつが互生しているのです。(右、右)、(左、左)、(右、右)・・・というふうに枝についています。Dsc00045

 この樹は、その名を「コクサギ(小臭木)」といいます。ミカン科の仲間なのですが、少し臭気がするためこのように呼ばれているということです。

 クマツヅラ科にクサギというやはり臭気のする樹があるのですが、それよりも小型だからコクサギというのが一般的な説明です。しかし、「コクサ」というのは緑肥のことでコクサギの枝葉を緑肥に使う地方もあったことから、(コクサの木→コクサギ)が名前の由来ではないかという説もあります。

 そうそう、今を盛りに赤い花、白い花等を咲かせてているサルスベリ(百日紅)もコクサギと同じ葉の付き方をしているんですよ。(この付き方を「コクサギ型葉序(ようじょ)」といいます。)庭にサルスベリが植えてある方はちょっと見てみませんか・・・。

|

« 風の巻21・にほいおこせよ梅の花・・・ | トップページ | 森の巻43・鞍馬の自然観察(6) »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻21・にほいおこせよ梅の花・・・ | トップページ | 森の巻43・鞍馬の自然観察(6) »