« 京の巻42・占出山は日本三景 | トップページ | 京の巻43・鞍馬の歴史観察(1) »

森の巻38・鞍馬の自然観察(1)

 以前も鞍馬へ行った様子を紹介しましたが、鞍馬山の自然の様子をもう少し詳しく紹介しましょう。とは、いってもそこは歴史に刻まれた鞍馬寺のあるところなので、昔の話もおいおいと交えながらとなりますが、自然の様子がいくらかでも分かっていただけたらと思います。

Dsc00001_1 写っているのは、山門前の石段です。地質的には「石英閃緑岩」という岩なのですが、ここでは「本鞍馬(石)」と呼ばれています。重さがあって、肌理(きめ)は中粒の鉱物からなり堅いものですから、抹茶挽く石臼に使われていたということです。

 そんなことに感心しながら石段を上がると、山門にたどり着きます。Dsc00002_2

|

« 京の巻42・占出山は日本三景 | トップページ | 京の巻43・鞍馬の歴史観察(1) »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻42・占出山は日本三景 | トップページ | 京の巻43・鞍馬の歴史観察(1) »