« 京の巻39・祇園祭の鉾建て(2) | トップページ | 京の巻41・祇園祭・宵山(2) »

京の巻40・祇園祭・宵山

 7月16日は宵山でした。祇園囃子の華やかな鉦と笛の調べに誘われるように出かけると、山と鉾の姿がきらびやかです。でも、今日は「霰天神山」の町会所を覗いてみました。通りから奥に入る幕のかかった路地を入ります。この奥には山を飾る懸装品が飾られ、ちまきやお守りやてぬぐいなどが授与品としておかれています。01_1 03_1

奥には天神(菅原道真公)を祀る社殿が置かれていますので、これにお参りをして、子どものために学問成就のお守りをいただきました。社殿は小さいながらも桧皮葺入母屋造で妻入り唐破風向拝付きという立派なもの。京の伝統文化が息づいています。

 山鉾のはれやかな雄姿だけでなくこんな風に町会所をめぐってみるのも面白いですよ。

|

« 京の巻39・祇園祭の鉾建て(2) | トップページ | 京の巻41・祇園祭・宵山(2) »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻39・祇園祭の鉾建て(2) | トップページ | 京の巻41・祇園祭・宵山(2) »