« 森の巻36・山で救急へ連絡するときは・・・ | トップページ | 京の巻36・曼殊院は門跡寺院 »

森の巻37・頭の方が白くなりました!

 頭が白くなってきたというと、もうさすがに年かな・・・などと思わないでください。白髪の話ではありません。Dsc00009 緑色の葉が青々後と茂っているのに、なぜか頭(上)の方が白くなってしまう植物があるのです。左の写真は「ヒロハコンロンカ」で、ハンカチの木などとも呼ばれています。

また、「ハンゲショウ」という植物も同じようにこの時期には頭の方が白くなります。漢字で書くと「半夏生」または「半化粧」だそうです。Dsc00001

 実はヒロハコンロンカの方は白くなっているのは葉ではなく、花の顎片の一つなのです。よく見ると小さな花がついています。一方ハンゲショウの方は、白いのは葉なのです。花はその白い葉のすぐそばに穂状になってついていますが、この花はドクダミと同じドクダミ科の植物だそうです。季節的にも同じ頃に花が咲きますね。

 猫が好むといわれているマタタビも、やはり上のほうの一部の葉が白くなるのはご存知でしょうか。

|

« 森の巻36・山で救急へ連絡するときは・・・ | トップページ | 京の巻36・曼殊院は門跡寺院 »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻36・山で救急へ連絡するときは・・・ | トップページ | 京の巻36・曼殊院は門跡寺院 »