« 京の巻36・曼殊院は門跡寺院 | トップページ | 京の巻38・祇園祭りの鉾建て(1) »

京の巻37・曼殊院は門跡寺院(2)

ここ曼殊院は菅原氏出身の是算という人物が北野神社(北野天満宮)の要職についていましたが、皇室ゆかりの慈運大僧正が住職を務めるようになってからは、代々皇室関係の法親王が住職をつとめるようになったそうです。

Dsc00059 写真の欄間の模様を見てください。皇室の菊の紋が彫りこまれているでしょう。また、別の部屋の棚は「かつら棚」といってあの桂離宮の「桂棚」と同じような棚がしつらえてありました。古い棚ですが、当時としては意匠が優れていたのでしょうね。Dsc00050

|

« 京の巻36・曼殊院は門跡寺院 | トップページ | 京の巻38・祇園祭りの鉾建て(1) »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻36・曼殊院は門跡寺院 | トップページ | 京の巻38・祇園祭りの鉾建て(1) »