« 森の巻28・森の中に落とし文が・・・ | トップページ | 森の巻30・根っこって頑張ってるな »

森の巻29・一本立ちはいいのかな

            普通43_1おおきな樹木は大抵一本立ちです。一本立ちというのは、一つの根株から樹体が一本伸びているものです。針葉樹はもちろん広葉樹の中にも一本立ちの樹はたくさんあります。 写真のアカマツも元気よく(?)おおきな幹を一本伸ばしています。14

 これとは違って一つの根株からたくさんの幹を伸ばす樹木もあります。その様子を株立ちといいます。右の写真はリョウブの樹の株立ちの様子です。何本あるでしょうね?10本以上ありそうです。

 炭や薪などに利用する場合は株立ちさせてたくさん獲れればいいでしょうが、どうしても幹は細くなるので建築材、土木用資材などに使うにはやはり一本立ちがいいのかな。利用の仕方でそれぞれうまく選ぶのがいいようですね。

|

« 森の巻28・森の中に落とし文が・・・ | トップページ | 森の巻30・根っこって頑張ってるな »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の巻28・森の中に落とし文が・・・ | トップページ | 森の巻30・根っこって頑張ってるな »