« 風の巻19・城の崎にて・・・ | トップページ | 森の巻29・一本立ちはいいのかな »

森の巻28・森の中に落とし文が・・・

 昔の人は意中の人に手紙を渡すのに、その人が気が付くように文(手紙)を落としていたとか・・・。これを「落とし文」というそうですが、森の中にもありました。

65  もう花の時期は過ぎましたが、少し前まで緑濃い森の中にきれいな白い花を咲かせる樹がありました。エゴノキです。このエゴノキをよく見てみるとなにやら変わった葉っぱが見つかりました。昔の巻物のようにくるくる巻かれています。72

 エゴノキの落とし文です。何でこうなってるの?・・・

大体さっしはつきますね。何かの虫が巻いているのかな。「エゴツルクビオトシブミ」という昆虫だそうです。いろんな虫がいるもんだなーと感心しきりです。今回はちょっと珍しいものでした。

|

« 風の巻19・城の崎にて・・・ | トップページ | 森の巻29・一本立ちはいいのかな »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻19・城の崎にて・・・ | トップページ | 森の巻29・一本立ちはいいのかな »