« 風の巻13・江戸時代と明治時代 | トップページ | 風の巻14・裁判所と神社?? »

森の巻19・間近にみられる冬の野鳥です

 この冬は暖冬で、もう桜が咲きそうだというところで、また冬型になり雪の降った地域も多かったのでは・・・。そんな中でも、自然に生きる動物は食べ物探しが大変です。山や野に行くと野鳥もよく見られるのですが、もっと間近に見ることもあります。

 我が家の狭い庭にも時々野鳥がやってきます。何種類かいますが、よく見かけるのはメジロでしょうか。あとシジュカラも割合やってきます。 Dsc00065_1 一昨年の冬、ためしにミカンをエゴノキの枝に差しておいたところ、早速メジロがやってきて、ミカンをついばんでいました。ところが、そこへヒヨドリがやってきたものだから、メジロは追いやられてしまったのです。(野鳥にあまり餌を与えるのはよくないので、本当に寒い冬場だけの、しかもほんの少しだけです。)

Dsc00063

 そんな様子も家の中から窓ガラス越しにみることができます。また、メジロがもっと接近して、台所の窓から中の様子をうかがっているような様子も見られました。このときは1メートルより近づいて写真に撮ることができました。Dsc00003_7 家の近くに小さな森(古墳がある森)があります。また少し離れたところにも山の峰があったりして、割合身近に自然を感じられるのは嬉しいことです。

|

« 風の巻13・江戸時代と明治時代 | トップページ | 風の巻14・裁判所と神社?? »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の巻13・江戸時代と明治時代 | トップページ | 風の巻14・裁判所と神社?? »