« 京の巻25・お稲荷さんは面白い!(4) | トップページ | 風の巻11・近江商人の町「五箇荘」 »

風の巻10・桃の節句のお雛様

Dsc00020_3 三月三日は桃の節句。皆さんの家でもお雛様を飾られているかもしれませんね。滋賀県は近江商人発祥の街の一つ五個荘というところで古くからのお雛様が商家で飾られているということで、訪ねてみました。

写真のように御殿がある雛を「御殿雛」というそうです。人形の並び方もいわゆるひな壇飾りとは違いますね。御殿に上がる階段が左右にありますが、左側は幅が広く、右側は狭くなっています。広い方は公家用、狭い方は武士用ということで、力のあった武士といえども御殿(宮廷)では公家より立場が低く見られていた証拠です。

このような雛飾りを飾る商家はもちろん大きな邸宅で、その玄関脇には「川戸(かわど)」と呼ばれる家の周囲を流れる水路を利用するための降り口が設けられていました。洗い物などしたのでしょうか。Dsc00015_2

水路の水は大変きれいで、錦鯉が悠然と泳いでいました。ゆったりと流れる時間に心が癒されます。Dsc00013_5

|

« 京の巻25・お稲荷さんは面白い!(4) | トップページ | 風の巻11・近江商人の町「五箇荘」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻25・お稲荷さんは面白い!(4) | トップページ | 風の巻11・近江商人の町「五箇荘」 »