« 京の巻14・法然院は静寂なお寺です(2) | トップページ | 風の巻6・「赤とんぼ」のふるさとです(2) »

風の巻5・童謡「赤とんぼ」のふるさとです

「♪夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・♪」はみんながよく知っている童謡ですが、その作詞者・三木露風のふるさとが兵庫県西部のたつの市です。昔の城下町でもあり情緒のある風景画いまでもあちらこちらに見られるのです。

仕事で行った昼休みにちょっと足を伸ばして古い町並みを散策してみました。ここは薄口醤油でおなじみのヒガシマル醤油の地元でもあるのです。Dsc00003_5

橋を渡り町に足を踏みいれると和風な建物が目に付いたので、公民館か何かかと近づいて看板をみると「○○信用金庫」とありました。ちょっと驚きでした。Dsc00007

|

« 京の巻14・法然院は静寂なお寺です(2) | トップページ | 風の巻6・「赤とんぼ」のふるさとです(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

どうもです。珍しい建物などに気が引かれるというのはどのうような心理でしょうか。昔風の建物は若者でもなつかしいような感じを持つのでしょうか。

 ヒガシマルは薄口なので主に関西だけかと思っていました。そちらも料理の醤油に薄口を使いますか?

投稿: 森太郎 | 2006年12月 4日 (月) 21:05

久し振りです。最近は銀行を初め交番、郵便局などにも面白い建物があります。ヒガシマルのCMはこちらでもやっていまして、「ちょっと雑炊」は時々食べていますよ。

投稿: キタゴン | 2006年12月 4日 (月) 04:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻14・法然院は静寂なお寺です(2) | トップページ | 風の巻6・「赤とんぼ」のふるさとです(2) »