« 京の巻10・千両ケ辻の町屋はよかった(4) | トップページ | 京の巻11・千両ケ辻の町屋はよかった(5) »

風の巻4・589kmと340mと02cm!?

 タイトルの数字が何を示しているかお分かりですか?わかれば相当な鉄道マニアですね。これは東海道本線の長さを表しているのです。(分けて書いたのでわかりにくかったかな?)起点の東京駅より終点の神戸駅までの距離が589.340km02cmなのです。

その終点が神戸駅にあるのです。Dsc00011_3 左上は1番線ホームの上に置かれたプレートです。東海道本線の終点であると同時に山陽本線の起点でもあるので、両方が書いてあります。(錨マークは神戸らしいですね。)

実際の線路がどのようになっているかは右の写真をご覧ください。Dsc00012_5

二つの線路の間にある小さなプレートが東海道本線の終点と山陽本線の起点の位置を示す標識です。

さらにアップしたものが下の写真です。「・海道」「・陽」という文字が枕木に書かれているのがわかるでしょうか?(神戸駅の1番線ホームは普段使用されていないので、2番線ホームから撮影しました。そのため字が隠れてしまったのです。)Dsc00013_1

通勤で京都から神戸までJRを利用していますので、帰りはいつも2番線ホームから乗車します。そんな訳で、鉄道の日の10月14日は、鉄道にちなんだ地域情報(「風の巻」)の紹介となりました。

|

« 京の巻10・千両ケ辻の町屋はよかった(4) | トップページ | 京の巻11・千両ケ辻の町屋はよかった(5) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 東海道中膝栗毛でおなじみの「東海道」(街道)はたしかに江戸が起点なら京都が終点でそれは三条大橋です。でも鉄道の東海道本線は神戸なのです。
枕木は基本はコンクリート製ですが、線路のつなぎ部分や分岐、その他器具等取り付ける場合には木製を使用しているみたいですよ。

投稿: 森太郎 | 2006年10月15日 (日) 17:40

東海道の終点は、京都かと思っていました。ところで、今枕木はコンクリート製でしょうが、線路の繋ぎ目だけは木製になっているものでしょうか。写真では木製の枕木も見えるようですが。

投稿: キタゴン | 2006年10月15日 (日) 05:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の巻10・千両ケ辻の町屋はよかった(4) | トップページ | 京の巻11・千両ケ辻の町屋はよかった(5) »