京の巻137・これを見ると思い出しますね!

 子供たちの夏休みも、まもなく済んで、2学期が始まる頃です。最近はもう2学期の始まっている学校もちらほら見受けられます。
 この間、職場の近所を歩いていたら、お地蔵さんを見つけました。

Img_2286_2

 京都のまちでは、ちょくちょく見かけるのですが、この時期は、ちょうど地蔵盆の時期なので、かつての子供時代の地蔵盆の楽しかったことを思い出します。8月23,24日頃に子供の健やかな成長を祈り、災難から地蔵尊が子供たちを守ってくれるよう、大数珠回しなどの儀式が行われます。

 これもなかなか面白いのですが、やはりその後の、福引やのど自慢大会、時には映画会、金魚すくいなどもあったかな。私が子供のころは、2日間あり、子供の名前を書いた提灯などが吊り下げられたお地蔵さん周辺の会場に行くのが、ものすごく楽しみでした。

 もらったお菓子を食べながら、友達としゃべっているだけでも楽しいものでした。夜はのど自慢大会で大人も集まり、応援を受けながらそれぞれの歌を歌い、景品ももらい地域ぐるみで楽しめる一夜でしたね。もう50年以上も前のことでした。

| | コメント (0)

京の巻136・ちょと戻りますが・・・(すみません)

 祇園祭りも済んで、8月となり京都も夏本番!
 大文字送り火(8月16日夜)まで京都らしい話題が見あたらないので、ちょっと戻りますが、ご容赦を。
 1年の半分は6月末ですが、正月以来の半年間にたまった穢れや厄を一度払ってしまおう。それで後の半年をなんとか乗り切ろうと言うのが、「夏越の祓え(なごしのはらえ)」という行事です。
 京都の各神社では、大きな茅で作った輪(茅の輪:ちのわ)をつくり、お祓いする人は、この輪をくぐります。
まず、左足からまたいで左を回り、次に右へ回り、最後にもう一度左へ回ります。
 以前にも何度か行ったことはあるのですが、今年は、護王神社へ夫婦で出かけました。
 神事に参加できると知ったからです。
 
 
 
 

Img_2170

Img_2173

 神職が祝詞をあげ、参拝者も併せて祝詞(大祓詞)をあげます。結構長い(800字余り)のですが、これを五回も繰り返します。ちょっと疲れました。

 その後、切麻(きりぬさ:四角に切った小さな紙)を体にかけて身を清めます。最後に人形の紙で身体の具合の悪いところをさすり人形に移します。

Img_2175

 その人形を集め唐櫃に納め、神職が担いで茅の輪(ちのわ)をくぐり、最後にその人形を焚き上げて穢れや厄を祓います。なかなか興味深い神事に参加することができました。
 後半年頑張ろうという気になりました。

| | コメント (0)

京の巻135・三年寝太郎してました?!(また祇園祭りから)

 前回の「京の巻・134」から三年が経ちました!!!
京都の暑さにまいった訳ではないのですが、あっと言う間に三年間です。
また、再開しようかという気になりましたので、興味ある方は時々ご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さてさて、今年も京都では祇園祭りの時期です。前祭りの山鉾巡行も華やかに執り行われました。
 いつも先頭を行く長刀鉾に続くのは、「山壱番」のくじを引いた山なのですが、今年は「占出山」が山壱番でした。神功皇后が御神体である占出山が「山壱番」を引くと、特に安産になると言われています。めでたいですね。

写真は、各山鉾町で押してもらえる御朱印です。上は長刀鉾、下は占出山です。

占出山の魚は鮎ですがこれを題材にしているのは、神功皇后が戦地に赴くときに釣りで占いをし、魚が釣れたら勝ち戦だと言ったところ、魚が釣れたのです。そしてその魚が鮎だったのです。(丁度この時期は、鮎が美味しい季節でもありますね。)

 そのため、鮎は魚へんに占がつくりになっているのです。(一説です。)

Img_2257

Img_2256_2

 下の写真はおなじみ「粽(ちまき)」です(食べられません。厄除けです。)。

 各山鉾でそれぞれの粽を作りますが、左の札に「蘇民将来子孫也 占出山」とあり、右の札には「御山壱番」とあります。

山壱番のくじを引いた山だけが着けることができ、名誉なこととされています。

Photo_2

 

 

 

| | コメント (3)

京の巻134・まだ済んでませんよ~

P1060570

  こんこん♪ちきちん♪こんちきちん♪♪京都の暑い夏をいっそうホットにする祇園祭の山鉾巡行が17日に行われましたが、祇園祭がすんだわけではありません。今年から復活した後祭(あとまつり:昨年までは「花傘巡行」)や「還幸祭」、「神輿洗」「神事済奉告祭」最終日の31日には「疫神社夏越祭」が行われ、一か月にわたる祇園祭りが済みます。

 ながい期間の間には一般の方でも見られる様々な祭りの姿があります。そのうちの一つに、「鉾建て」という鉾を組み上げる作事(作業)があり、10トン~12トンもある鉾をしっかりとしかし柔軟に骨組みを組み上げる「縄がらみ」があり、各鉾町で見ることができます。

P1060584

いかがですか?蝶のような形も見られますし、全体にきれいな形をしていますね。この鉾建て作業中の鉾は「放下鉾(ほうかぼこ)」です。

P1060577
  この仕上がった鉾は「長刀鉾」で、綺麗に縄が巻かれているのは、車輪を取り付ける「石持」という大きくて重い角材です。長刀鉾のものは桜材だそうですが、この編み上げられた縄も見事としか言いようがありませんね!

 一つの鉾に使う縄の長さはおよそ5キロメートルにもなるといいます。これも驚きです。

こういったところに興味を持つのも、祇園祭の楽しみの一つでしょう。

 

 

| | コメント (0)

京の巻133・決して間違えないように!

   モミジに「イロハモミジ」という種類がありますが、別名「高尾もみじ」ともいわれています。京都の高尾に多く生え、紅葉がきれいということで有名ですね。

 その高雄に「神護寺」という歴史あるお寺があるのですが、ここにはモミジと歴史だけでなく、ちょっと変わった風習があります。

P1060204_5
静かな境内の奥にある奥ノ院の一角に「かわらけ」が売られています。「かわらけ」とは素焼きの小さな皿のことです。

P1060217_2

中に「厄除」と書かれているように、厄除けをするために、清滝川の谷にこの「かわらけ」を投げ込みます。「かわらけ投げ」といわれています。

P1060222
谷は深く、なかなかうまく投げることができませんが、きれいな谷に投げ込むのは気分が晴れます。うまく飛べばもっと気持ちいいのでしょうが・・・。

  このとき決して願い事をしてはいけません。願い事が「かわらけ」と一緒に飛んで行ってしましますので・・・。つい間違えそうですが、ご注意を!!

| | コメント (2)

風の巻129・緑の中・・・(3)

  妻籠宿の様子とその後訪れた馬籠宿の様子を写真で紹介します。

P1060359P1060361

P1060364P1060365

P1060401P1060385

P1060413P1060415_2

  緑の中の妻籠宿、馬籠宿は静かなたたずまいというのがぴったりとあてはまる処で、ゆったりとした気持ちになれました。良かったです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

風の巻128・新緑の中・・・(2)

 脇本陣といえども、造り酒屋を営むだけあって裕福な暮らしぶりです。

 写真の欄間も簡素な中にも美的センスの光る意匠で、右にあるマークのような透かしは「林」をデザイン化したものです。奥谷は屋号であり、苗字は「林」だそうで、このように飾りとして入れられています。

P1060328
  客間座敷の障子にはめられたガラスも中の1枚は、昔のガラスがはめられていました。少しゆらいで見えるのが、往時の様子を再現してくれているようです。

P1060335
  雪国でもある木曽ですので、もちろん囲炉裏もしつらえてあります。

P1060324
 写真右手が土間に近いほうで、左手奥が客間に近い場所です。家族らで座するときに、主人は左手奥に座ります。囲炉裏の中に横長の板が置かれていますが、主人が足を温めるため載せる台になります。

 主人の座の左手(写真の上側)には長男か客人が座ります。主人の向かい側は子供たちの場所です。主人の右手は姑と嫁の場所です。奥(左)が姑、手前(右)が嫁の位置になります。写真ではござが敷いてありますが、実際は、主人側、長男(客人)側と姑の場所だけに畳が敷かれていて、嫁と子供たちの場所は板張りになっています。

  嫁のつらい立場が分かりますね。子供たちは長男以外はいずれ家を出てよそで暮らさなければならず、どのような立場になろうとも辛抱して頑張れるよう家にいる間から板間に座って、主人などのために煙りにいぶされながら薪をくべていたそうです。

 裕福な中にも当時の厳しさもあらわれている囲炉裏の話でした。

 

| | コメント (0)

風の巻127・新緑の中・・・

  新緑がきれいな中、歴史的な風情のある「妻籠宿」を訪ねました。

 

P1060366

 古い木造の家並みが緑の山の姿とよくなじんで、気持ちいいながめを醸し出しています。

江戸時代の参勤交代の道筋にある宿場町なので、本陣や脇本陣が設けられています。

 その「脇本陣奥谷」に入って説明を聞きました。

P1060323
  入口は少し大きな民家といった風ですが、お殿様が出入りする門は写真の右手に構えられています。 本陣と違って、脇本陣はお殿様が泊まられないことも多いため商売をやってもよいことになっていて、ここは、造り酒屋を営んでいたそうです。お酒の銘柄は「鷺娘」というそうです。

P1060338 (続く)

» 続きを読む

| | コメント (0)

京の巻132・見事によみがえりました!

  桜、新緑と木々のもつ華やかさ、明るさに心が満たされる季節が続きますね。少し前ですが、皆さんもおなじみのあの寺院にいってきました。

 1年半ほど前から御堂の修理が行われていて、あらかたの修理ができ拝観できるようになったところです。
 

P1060171

  この建物は、平安時代の1053年に建立されたものです。およそ一千年前の姿が見事によみがえったのです。・・・といっても誰も当時の姿を見た人はいないのですが。

P1060174

 もうお分かりでしょう。十円と一万円に関係あるというのもヒントになりますね・・・。

 以前は時代を感じさせる姿で、屋根の両端の飾りものも緑青で“渋い”感じで歴史を、つまり長い時を感じさせるものでしたが、これも見事によみがえったようです。

P1060192

「金色に輝く鳳凰」の姿は綺麗でした。本来は本尊の阿弥陀如来を祀ってある御堂なので、「阿弥陀堂」というのですが、この鳳凰が極めて目立つところから「鳳凰堂」というほうが通りがよいようですね。・・・宇治にある「平等院鳳凰堂」でした。

 ところで、このお寺は藤原道長のこどもの頼通が別荘を寺院にしたものですが、何宗だと思いますか?17世紀ころからは天台宗と浄土宗を兼ねていたそうですが、今では宗派に属さない単立の寺院だそうです。

 他のお寺と少し違って、あまり線香くさい感じはしません。それは阿弥陀様、鳳凰それに池を面前にしつらえた庭が「極楽浄土」をあらわしているといわれるように、一つの究極の世界をあらわしてるからかも知れません。

 お祈りしなくてもすでに極楽浄土にいるような・・・ちょっと不思議な場所ですね。 

 最後にもうひとつ、この場所の別荘は頼道の手に渡る前には幾人かの所有を経てきているのですが、もともとは源融(みなもとのとおる)が作ったものです。源融は「源氏物語」の光源氏のモデルといわれている人物で、源氏物語ゆかりの宇治にふさわしい人物なのが興味を引きますね・・・。

| | コメント (0)

風の巻126・一枚の風景画?

  風薫る海辺にたたずむ洋館がなにか絵になりそうな雰囲気を漂わせています。

Dscf6142

 後ろには島影が見え・・・どこかヨーロッパの海辺の街かと思えそうですね。

  実は、この洋館は神戸の垂水区にある「移情閣」とよばれる建物です。中国人実業家呉錦堂の別荘に大正4年(1915)建てられたもので、地元では「六角堂」と呼ばれるものです。

 中国の革命家孫文ともゆかりのある建物ですが、そのような歴史を持っているうえにロケーションがまたいいですね。

  ところで、この風景を一枚の絵とすると額縁にあたる周りの枠は何だと思いますか?

・・・  明石海峡大橋の橋台なんです!   ・・・

 後ろの海は瀬戸内海で島影は淡路島です。高速バス乗り場に上がる途中のエレベーター乗り場のフロアーの窓から見た眺めです。

» 続きを読む

| | コメント (1)

«森の巻135・図らずも~